スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年3月11日

黒澤明監督の「生きる」みましたー

この映画、かれこれ二十年くらい前に母親と一緒に見に行った白黒映画(確か製作は昭和20年代だったような・・・)で、言うまでもない名作・・・のはずなのに主人公がブランコに乗りながら「いの~ち短し~恋せよ乙女~」と口ずさむシーンしか覚えていない、そんなわびしい印象しか残っていない(何分昔の話なので・・・)のでこの歳になって見直してみました。
有名なのは知ってたけど、なんとなく。

・・・・
・・・・・
・・・・・・
ううっ

何度泣かせれば気が済むのか・・・

不満ばっかりで涙を流すことを忘れそうな自分には心の清涼剤。

『君はどうしてそんなに活気があるんだ!!』
のシーンは笑えるというか、でもほんと生き生きしてる人がうらやましいよね


そしてブランコのシーンはわびしいんじゃなくてすがすがしいシーンだったんだね。

この映画に文句つける人はいないだろ・・・
スポンサーサイト
プロフィール

Mei Mizuhara

Author:Mei Mizuhara
幻蒼空間の別間。雑記。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。