131017.jpg

こんばんは。食☆冒険のお時間です。

今回のテーマは「あけび」です。
皆さんあけび食べたことありますか?秋の野山の恵みです。高いところになってるのをとろうと墓によじ登ったり、棒でひっかけたり、そんで中身どっかにふっとんでったり…懐かしい思い出です。小学生の頃ですから許してください。

そんなあけびも運が良ければ直売所コーナーで手に入ることもあります。一昨年はそれでいけたんですが、今年はないので通販しました。ヤフオクで!またかよ!!「一般の人が市場で売ってないものを安くうってるかもしれない」という夢を抱いてしまうんですよね。
そんなわけで今年は2箇所から計3.5kg購入。
3日で完食。
皮厚くて、種多いから食うところちょこっとしかありませんからね。
種?もったいないから飲み込んでます。
美味しかったです。

そして皮。噂では東北地方では、肉詰めにしたり、味噌炒めにしたりする、おふくろの味だとか…
つくレポなどにもレシピはそれなりに出てきます。

おふくろの味、懐かしの味。
こういった時、本当に手間がかかったり、その地方でしかとれなかったりして稀少で美味しい場合と、「食い物が無い時代だったからねえ…」という枕詞がついて成立する、救貧食的な場合があると思います。
前者のイメージとしては栗の渋皮煮とか干し柿などです。後者は、勝手ながら、例えばすいとんとかだご汁とか…私としては好きなんですが、母によると「貧しい時代を思い出すから嫌だ」そうです。餅がたくさんあれば生まれなかったかもしれません。

話はずれますが、あけびの皮の味噌炒め、作ってみました!

……
苦い。
苦いとは聞いていましたが、ふきのとうとかゴーヤレベルではありません。超えてます。
アレですね。秋にもたくさんナスがあればきっと生まれなかったね?



ちなみに原稿バキバキやるはずが、またしてもバイト入れすぎて弱っています…前の月に予定組むから調子乗っていれすぎたようです。先月よりは少ないですが、疲労がたまってきました。たまると仕事の夢を見ますね。早く寝てます。


130920_1904~01
130920_1813~01


食☆冒険の巻

もう10月ですね。
この2ヶ月弱、体調が上向いてきたのたのと、家にいると暑いのとで、やたらとアルバイトをしていました。そしたら腰を痛めました。OH。
ちょっと反省したので今月は控えめにして原稿します。

それはさておき、先月は楽天でザクロの苗を探していたところ、紆余曲折あって
・グレープフルーツ
・サツマイモ
・ザクロ
・・・そしてドリアンを購入してしまいました。

ドリアン。超臭いけど美味い、好きな人は大好きという例のアレです。
ドリアンを食べに東南アジアに出向く人もいるという果物王様?です。
昔店で見かけたドリアンは9800円で、チャレンジするには高価過ぎました。
グァムに行った時、ジャックフルーツという、トゲだらけでそっくりな、やはり超臭い果物を食べましたが、…まあドリアンじゃないからね…

今回は本体3000円弱の送料込み4000円前後。果物としては高いですが、ドリアンとしては安いと思ったので、一生に一度は食べたてみたい、そんなに美味いのだろうか、と購入。

…ダンボールがビニール袋にくるんで届けられました。運送会社がかぶせたようです。袋に入れたままでも生ごみ+アンモニア的な匂いでした。
追熟のためベランダに一日吊るしてましたが、ベランダに出るたび「臭い!!」とつぶやいてしまいました。

そして気になるお味は…
一口目にアンモニア的な香り+完熟したバナナのムースか、濃厚なカスタードクリームで和えた感じ。食感はクリームチーズのようです。

……バナナ食べればいいんじゃないかな…


個人的には、トロピカルフルーツとしてはライチ、カニステル(サツマイモっぽい)、パッションフルーツがあればいいかなあと思います。カニステルは沖縄でも手に入りました。
一番おいしかったと思うのは、しぼりたてのココナッツミルクです。あの味が忘れられなくて、時折ココナッツミルクの加工品を買うことがありますが、やっぱりなんか違うなあ…と思います。
 地の物をその土地で食べるのが一番美味しいんでしょうね。

というわけで秋になると久留米に向かい、ぶどうを食べ、盆栽センターで素材を物色するのが自分の贅沢です。


プロフィール

Mei Mizuhara

Author:Mei Mizuhara
幻蒼空間の別間。雑記。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク