スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TS2A0782.jpg

明日朝に東京へ向かいます。飛行機取れなくて新幹線です。

人と接するのが得意でないので、機転の利かせてお客さんやお隣様に話しかけたりとかはできず、手元やむかいのサークルさんの品とそのお客様を眺めている(すいませんお向い様・・・)、もしくは狙った品を直接吟味に出かけている、いつもそんなコミケであります。
 在席時 だいたい斜め下をを向いては居ますが読み手に無関心という訳ではなく、やっと紙の形になった本を、自分以外の方が手に取ってくれるのか、そして何か 「いいなー」 とか 「がんばってかいてんのね」、とか思ってもらえるのか、非常に気になってはいます。
 しかし書き手がいかにも「どう?どう?」という目でみると、吟味する人も落ち着いて読めないのではないかとも思いますので、あまりじっと見ないようにもしてます。
 ちなみに私自身は「ちょっと気になる」と本を手に取りかけたときに色々声をかけられると落ち着かなくなって判断どころではなくなってしまい立ち去るタイプです・・・ 己をしっかり持てよ自分。

なので こちらの本に興味を持って下さった方は、サークルの人間の目は気にせず、しっかり吟味していただければと思います。 

では行ってまいります。感想はきっと何日かあとになりそう・・・
プロフィール

Mei Mizuhara

Author:Mei Mizuhara
幻蒼空間の別間。雑記。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。