スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

160201_1222~01
160201_1222~02
ロニセラ・フラグランティシマ。和名だと寒咲ニンドウとか冬咲きニンドウとか…
名前のとおり芳香がします。スイカズラより甘さ控えめでさわやかな感じです。冬枯れの中、ひそやかに咲いています。

自分が仕事を終えた後、夜ちまちまと絵を描くのは
・好みのタイプの男の子と女の子が一緒にいるところを見たい(男の子も大事にしてほしい)
・青くて恥ずかしい話が読みたい
・男の子と女の子の気持ちが、ちゃんと感じられるようなエロがよいと思う
・自分の絵が印刷されて本の形になる事が嬉しい
からです。この辺は間違いないです。

しかしブレッブレの部分もあります。
・適度のエロ
です。具体的に言うと描写の濃淡とか話における割合とか…

適度…適度ってなんね…?(汗)

今回工程ごとに作業を進めてわかったのですが、同じ話の中でさえ、疲れてるときとそうでない時で感じ方違いました。
ちなみに疲れてると、描き文字も人物の大きさも小さかったです。
で あとで「アレ?」と思って大きくしたり…
ですので、その辺の投球具合はどれぐらいがよかったのか いつも気になります。
ちなみに今よりゆるくとか、ちょっと強く投げることはできますが、剛速球とかは無理です。

でももっと知りたいのは「その本に、好きになれるところがあったか」「それはなにか」「同じシリーズを読んでみたいか、新しい話がいいか」でしょうか…
自分は一つの話だけだと、よっぽどまとまってない限り人物の描きたいところを描き切れず、2,3冊続けたくなることが多いのですが、それも読みたい人がいないと寂しいですしね。

感想…きっと恥ずかしい上、お手数かと思いますが、今後の参考にしたいので教えてやって下さい。常に求めております。
プロフィール

Mei Mizuhara

Author:Mei Mizuhara
幻蒼空間の別間。雑記。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。