スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年7月1日

小さな盆地、学校と農業と少し観光、の町で育って、電車といえば2車両の電車のローカル線一本、で育った私には繁華街といえば1kmに満たないアーケードと百貨店のある区域の一箇所しかなく、それ故に「~区」などと地名で呼ぶ必要も無く、ただ『町へ行く』と言えば通じていた。

しかし、成長して県外にて出てみると「町」ばかりでただ「町」と呼ぶだけでは通じない場所もあるんだなあと実感。
それぞれ カラーがあるんですね。今更だけど。
 
 新宿や池袋は雑然としてやかましくて苦手だ。上野は公園にホームレス多すぎ(都会らしいといえばらしいのか)
 
最近スキになったのは銀座です。
さっぱりしてるさね!!見るとこ固まってるし、ヘンなカッコで道路に座っている若者もゴミもないし。
 食べ物がおいしそうなのいっぱいあるし、服もきれいだ。しかし出てる店自体は立川とおなじものもあったりするので、要は演出上手なんでしょうか?
 町全体でハイソな雰囲気をかもし出してるって言うんですか。

普段「金はそんなにいらないから楽したい」「プータローになってデイトレーダーになろっかなー」などと思っているダメ人間丸出しな自分も 物欲を刺激されて「お金かせいでこんなハイソな暮したいぜ!!」と思えてきます。
いや~いい町だ。
もうちょっとがんばろっかな。ほんと。
欲しいものがあるなら働かなきゃね
プロフィール

Mei Mizuhara

Author:Mei Mizuhara
幻蒼空間の別間。雑記。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。