スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年9月25日

アニメ映画の「時をかける少女」見てきました。友人と二人、どうもネットで評判がいいらしい、ということで公開されて時間は発っているのですが、立川にも来たので・・・
 
んで


すごいよかった・・・

ううっ 切ない。爽やかだ。
それとはまた別に高校生活思い出して懐かしい。絵はさっぱりした感じ。話重視です。

 親友として、タイプの違うハンサム男の子がでてくるのですが主人公の女の子もさっぱりしてていい感じなので全く嫌味がありません。
 ちなみに私はリアルならコウスケにあこがれていそうだ(笑)

 もっぺん見に行きたいなあ。
見て損のない出来ですよー

昔あった実写の「時をかける少女」もスキだったような。ラベンダーの香りと化学実験室としか覚えてないですが・・・
プロフィール

Mei Mizuhara

Author:Mei Mizuhara
幻蒼空間の別間。雑記。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。